自己愛を持つ意味

前項でダイエットや筋トレは自己愛だと示しましたが、これはそれを自覚しておかないと持続しにくいためです。スポーツクラブでもダイエットや筋トレは、極端なメタボ体形の人でもない限り数字という結果には出にくいものがあります。極端なメタボの方は運動や食事制限のために、脂肪がおち筋肉がついていきますが、落ちる脂肪に比べ、ついていく筋肉量が少ないために体重は落ちていきます。ですが標準体重に近い方は、落とす脂肪はそう多くはありません。逆に筋肉量が増えることにより、体重は変わらず逆に増えることもあります。体重という一般的な結果がでないのです。ですがそれを続けていく過程において、結果はちゃんとでています。それは体脂肪という数字であったり、鏡にうつる自分の姿です。

体脂肪は体脂肪計があれば見ることができますが、鏡にうつる姿は大きな変化(結果)がでない限りなかなか気づくことはできません。毎日の積み重ねは、数日ですとほんの少しの変化しかありません。しかしそれでも毎日自分を卑下することなく観察していれば、変化を感じることは可能です。その変化を感じ自分を鼓舞することができるのは、自己愛なのです。ダイエットや筋トレは一般人にとっては、義務や仕事ではありません。変化があって綺麗になっていく自分を誉めることができなければ、継続するのは難しいのです。